ガジェット・おすすめ商品

【商品レビュー】カシオ G-SHOCK GMW-B5000GD-1JF 原点であるスクエア型のフルメタル。カッコいい。

こんにちは、コマキです。

G-SHOCKといえばどんなイメージを持っているだろうか。

イケてないおじさんリーマンが好きな時計、こんな感じじゃないかな?

そんなイメージを持っている人に伝えたい。G-SHOCKはカッコいいということを。

今回紹介するのは1983年発売された初代機DW-5000Cを踏襲した、スクエアデザイン型でフルメタル仕様のGMW-B5000シリーズ。

このシリーズは2018年に発売されたモデルではあるが、僕の中では今発売されているどのシリーズよりもカッコいいと思っている。

G-SHOCKに少しでも興味がある人は是非とも見て購入する参考にしてもらえればと思う。

人生2回目のG-SHOCK

この時計の良さを知ってもらいたいから早速G-SHOCK GMW-B5000GD-1JFをレビューしていきたい。

その前になぜこの時計を選んだかについて話していく。

一言でいうと一目ぼれである。

当時、何となく時計がほしいなあと思っていた時に某ショッピングモール内の時計屋さんで始めて出会うことになる。

並んでいる時計たちを何気なしに眺めていると、この子がいたんだ。

えっ!?カッコいいんだが!

そこでビビビっときてこれを買おうと即決した。ただ買うのは決めたけれど値段がそこそこお高い。定価で税込み7万円半ば。

時計好きの方からするとそんなの安いじゃんと思われるだろうが僕にとっては躊躇する金額であった。

そこでAmazonなら安いかもと思い見てみたら、案の定安い。定価から2万くらい安いではないか。僕は即ポチした。

G-SHOCKについては学生のころ1万円くらいで買えるモノを使っていていいところはわかっていたので、機能面ではまず間違いないだろうと迷うことはなかった。

ものすっごい多機能

G-SHOCKと言えばこれでもかと詰め込まれた多機能性だろう。

●耐衝撃構造
●タフソーラー
●20気圧防水機能
●電波受信機能
●モバイルリンク機能(対応携帯電話とのBluetooth 通信による機能連動)
●ワールドタイム
●ストップウォッチ
●タイマー
●時刻アラーム5本
●バッテリー充電警告機能
●パワーセービング機能
●フルオートカレンダー
●LEDバックライト

こんなにもたくさんの機能がもりもりなんだ。

電波による狂うことのなくあわせる必要のない時間、衝撃防水性の高さ、中二ごころをくすぐられるLEDバックライト。

そして見やすいデジタル表示画面。付加価値がありすぎてヤバい(こなみ)。

見た目がやっぱりカッコいい

僕が購入したのはブラックなんだけれど、やっぱりカッコいい。そして美しい。

フロント部分はヘアライン仕上げがされていて、より高級感が増している。

裏面はこんな感じ。

ステンレスの良いところが凝縮されたかのような作りに感動。

デジタル画面が反転液晶になっているのも特徴。

今までの反転液晶は見えづらいとのことだったが、そんなことは一切なかった。どんな状況下でもとても見やすく、デジタル時計なのですぐに時間を認識できる。

半年間使った感想

控えめに言って最高。

改めてG-SHOCKのすごさに関心させられる。他の時計では絶対に味わえない使用感が僕の心を満たしてくれる。

僕は仕事柄腕時計がつけられないので、主に休みの日につけることが多い。なのでつける頻度としては少ないんだけれど、それでもこう思わせるのだから本当に買ってよかったと感じている。

欠点①やや重い

重さが167gということで、G-SHOCKの特徴である軽さが取り払われた。オールステンレスなので、これくらいの重さは仕方ないのだろう。

とは言えつけてみると確かにちょっと重いかなとは感じるが、人間とはよくできていてわりとすぐに慣れた。

ただこの辺りの感じ方は人それぞれなので、できることならお店で試着してみるといいだろう。

欠点②フォーマルの場では使いづらい

このタイプの時計はやはりカジュアル向けであるのかなと感じる。冠婚葬祭にはつけていかないほうが無難だろう。

営業等のスーツを着る仕事以外の仕事であればつけていてもそこまで問題はないと思う。

ただこんなことを言っているが、本来であれば人も目なんて気にすることなく自分が好きな時計をつけて過ごしてほしいんだ。

だから気にせずガンガンどこにでもつけていこう。どうしても気になる人はしゃーない。

まとめ:欠点が気にならないくらい素敵な時計

今の世の中時間を見る手段はいくらでもある。特にスマホが普及してからは時計の存在価値が薄れてきているように感じる。

時計の概念が時間を見ることから、ファッションの一部や承認欲求・所有欲を満たすモノに移り変わっていっている。

これは今に始まったことではないが、どんどんその側面が強くなってきているのではないかと思う。

価値観が多様化している今、時計をつけるつけないは自由だ。別に時間なんてわかれば何でもいいじゃないと思う人も多いだろう。

そう思う人にこそ時計をつけることをオススメする。今回紹介した時計はとても素敵な時計だ。自信をもって良いといえる。

この記事が、自分が本当につけたいと思える1本を見つけるきっかけになると僕もうれしい。

 

それではまた!

created by Rinker
¥59,840
(2021/10/25 14:07:39時点 楽天市場調べ-詳細)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA