副業・ブログ

【ブログ立ち上げ~2か月目向け】Twitter運用で感じたことと、Twitterとの向き合い方について解説!

こんにちは、コマキです。

ブログを始めると同時にTwitterを始める人は多いんじゃないだろうか。

Twitterを始める理由として、自身のブログの宣伝と集客をしながらブログを通じていろんな人と交流したい。

こういう想いを持ってTwitterをやっている人が多いと思う。

個人ブログを運営する上で当たり前の話ではあるけれど、認知度が高いほうが収益につながりやすいし交流の幅も広がりやすい。

そこで今回は、ブログを始めて間もない方々に向けてTwitter運用で感じたことと、Twitterとの向き合い方について、僕の実例を混ぜながら解説していく。

その他ブログに関する記事はこちら

現在の状況

ブログを開始して約2か月。そしてTwitterを開始して約1か月と2週間。

Twitterの伸びと連動するように順調にブログは成長を続けている。

2021年4月19日現在のフォロワー数はこんな感じ。

おかげさまで500人を突破し、最近ではオリジナルのツイートがみなさんに認知され、いいねやリプをもらうことが多くなった。

特に有益なツイートをしているつもりはないんだけれど、おそらく皆さんの共感を呼ぶようなツイートができているのかなと思う。

このままさらに高めていきたい。

Twitterはブログ運営において最高のSNS

Twitterはブログとの相性が最高なんだ。特に初心者にはとっつきやすく、運用しやすいSNSと言える。

Twitterを運用してみてわかったんだけれど、他のブロガーさんが非常にあたたかくて優しいんだ。

初心者ブロガーと名乗っておけばあたたかく迎えられるだろう。車で言うところの初心者マークみたいなものだ。

またブロガーさんたちは基本的にネットリテラシーの高い人ばかりで、変わった人はいるけれど、業者以外は危険な人はいないといっていい。

いたとしてもブロックすればいいだけの話だから気にする必要はない。

さらに、1ツイート140字という制限の中で伝えなければならないので、ブログにおいて重要なわかりやすく伝える力が身に付けることができる。

その他のSNSとしてInstagramやYouTubeがあるが、こちらはやや敷居が高く、向いている人じゃないと運用するのは難しい。

少なくとも僕にはできない、特にInstagram。

Instagramは映えを重要視するため競合と差別化するのが難しいし、キラキラしている感じがまるで自分に合っていない。

Twitterはブログを本気でやるなら同時に始めるべき

Twitterはブログと相性がいいもう1つの理由として、優秀な集客ツールとなりえるからだ。

単純に500人フォロワーがいたとして、ブログを更新したことをツイートすれば、理論的には500人に伝わるわけだ。そこから記事に興味があれば見に来てくれる可能性がある。

もしもTwitterをやっていなかったらその500人に伝えることはできないし、見られるかもわからないただの認知度のないブログになってしまう。

Twitterの優良機能

例えばフォロワーAさんいいねを押される、AさんのフォロワーのタイムラインにAさんがコマキのツイートをいいねしていますと表示される。

これってめっちゃいい機能で、誰かがいいねを押してくれれば勝手に拡散されていくんだ。

だからいいねの数が増えるほど認知度が上がって、ブログに来てくれる人が必然的に増えていく。

これらを踏まえると、やらない理由が見つからないと言える。

Twitterはブログのモチベーション維持・向上の場所になる

ブログを運営する上で最も重要なのは継続すること。

これができなくて去っていく方がごまんといる。できない理由の1つとして、周りにブログをやっている人が誰もいないことが挙げられる。

会社での仕事であれば、わからないことがあってもすぐ聞くことができるし、同じ悩みを共有しやすい。

しかしブログの特性上、執筆している時は1人だし、誰かに聞くこともできない。

そんな時、Twitterの中でブログ仲間を作ることで気軽に質問したり、悩みを聞いてもらったりすることができる。

自分は1人じゃないんだと思えることは、モチベーション維持に大切なこと。

また、収支報告やをしている人がまあまあの数いる。そういう人たちを見ることで、自分ももっと頑張ろうとモチベーション向上にも繋げることができる。

ただし、すごい桁の収支報告を見てしまうと逆にやる気がそがれてしまう場合があるので気を付けよう。

気を付けたほうがいいこと①Twitterにハマりすぎる

気をつけないと生活に支障が出てくるレベルになるまでハマってしまう可能性がある。

仕事中や遊んでいる時にも常に頭にはTwitterのことを考えているという状態になると危険信号が出ているといってもいい。

ちょっと前まで僕はこの状態の一歩手前までいっており、Twitterを見たくてたまらなかった。Twitterの魔力ヤバすぎ。

フォロワー数が増えてきて、いいねやリプをもらうようになるとだんだんとTwitterが楽しくなってくる。

とにかく面白くて、Twitterを閉じた2秒後にはまたTwitterを開いているなんてことはザラにあるんだ。

対処法としては客観的に自分の状態を見ること。いかに自分がおかしな状態かがわかるはずだ。

Twitterは時間を区切って適度にやろう。

どうしてもできないという人にはこれがオススメ。

気を付けたほうがいいこと②承認欲求が刺激される

SNSをやっていく上で肝に銘じておかなければならないのが、「承認欲求」なんだ。

人間誰しも認めてもらいたい、チヤホヤされたいと思うことがあるだろう。これ自体はいいことで、やる気を上げるために必要な欲求だと思う。

ただ、「いいね」という数字が積みあがっていくと、自分が大きくなったような気がして、もっとたくさんの「いいね」が欲しくなる。

そして「いいね」という数字ばかりにとらわれ過ぎてしまい、本来の目的そっちのけ状態になってしまう。

例えばブログ運営するための集客ツールとして運用しだしたのに、ブログをやらずTwitterに入りびたる。

こんなことになってしまう可能性をはらんでいる。

気持ちはめちゃめちゃわかる。自分のツイートにたくさんの「いいね」がつくと舞い上がっちゃうし、もっとほしい!ってなるから。

いかにして本来の目的を忘れないかが大事。適度にバランスよく使っていこう。

まとめ:適度な距離感で付き合うべし

Twitterは楽しくてかつ集客ツールとして最適なSNSだ。けれど、距離感を間違えてしまうと毒になりかねない。

そうならないためにも、自分は何の目的があってTwitterを始めたのかを再度理解しておかなくてはならない。

それができて、適切な距離感で適切な運用を心がければ、これ以上ないツールとなる。

この世はバランス。適度に付き合っていこう。

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA