ガジェット・おすすめ商品

【商品レビュー】ConCool コンクールF 虫歯予防・歯周病予防・口臭予防への最適解!

ConCool-F-optimal-solution-for-caries-prevention

こんにちは、コマキです。

みなさんは歯を大切にしているだろうか。

もしも、

 

「ちょっとくらい放っておいても大丈夫だろう」

 

なんて考えている人はその認識を改めるべきだ。

 

歯は健康の源。人生100年時代と言われている世の中で、

歯は欠かせない重要な要素となる。

 

そこで今回紹介するのは、そんな大切な歯を守るための必須アイテム【コンクールF】だ。

いわゆる洗口液(マウスウォッシュ)なんだけれど、どんなものかを使用感も含めて解説していく。

 

それではどうぞ!

 

コンクールFの特徴

効能と効果

まずはコンクールFがどんな効能や効果があるのか見てみよう。

 

  • 虫歯の発生および進行の予防
  • 歯肉炎の予防
  • 口臭の防止
  • 歯槽膿漏の予防

 

こんな感じ。よくある洗口液と同等の効果がある。

高い殺菌力

グルコン酸クロルヘキシジンという呪文のような成分の効果により、

 

虫歯・歯周病・口臭の原因となる細菌の繁殖を最大12時間抑制してくれるんだ。

 

なので、数字上では1日2回使えば一日中効果があると言える。

ただこれは個人差もあって現実的ではないので、朝歯磨いた後と寝る前に使うのがベストだと思う。

 

できることなら昼食後にも使いたい。

コンクールFは刺激がほぼない

他の洗口液によくある口に含んだ時の刺激が苦手な方もいるだろう。

コンクールFにはそれがほとんどないんだ。あるのは緑茶のような香りだけ。

 

僕も何度か他のモノを使ったりしていたが、結局慣れないまま使わなくなってしまっていた。

けれどコンクールFに出会ってからは、今まであった苦手意識がなくなり毎日続けている。

コンクールFは毎日3回使っても半年持つコスパのよさ

コンクールFは水で薄めて使うモノなんだけれど、他の原液をそのまま使うモノと比べて断然コスパがいい。

濃縮しているから一回の使用量も少ないし、めちゃめちゃ経済的。

 

使い方にもよるんだけれど、毎日3回使っても半年くらいは持つから頻繁に買い替えなくてもいいのがポイント。

 

実店舗だと大体1100円くらいで手に入るから、

 

1100円÷180日=6.1円

 

一日あたり6円程度で使えてしまうんだから、ほぼほぼお金がかからないと言って良いだろう。

 

 

使用方法も簡単で、

 

  1. コップに25~50㎖の水を入れる
  2. コップにコンクールFを5~10滴たらす
  3. 口に含んで数回すすぐ

 

これだけ。めっちゃ楽。

 

コンクールFを使って良かったこと

①口の中がねばねばしにくくなった

今まで朝起きた時は、口の中がねばついていて不快だったんだけれど、

コンクールFを使ってからはほとんどしなくなったんだ。

 

嘘だと思うかもしれないが、劇的に変わったと言ってもいい。

もしも、起きた時にねばねば感が残っているようであれば、朝歯磨きをした後の仕上げに使用することをオススメする。

②口臭が改善された

これも同様にかなりの違いを感じている。

ご時世的にマスク生活を強いられる中で、自分の口臭がよりわかるようになってきた。

 

口臭自体は前々から気になっていたので、いろいろ試してはみたんだがどれも大した効果は得られなかった。

こんなに手軽に口臭改善ができるのならもっと早く出会いたかったなあ。

③歯磨きを丁寧にするようになった

この手のモノは、基本的に歯磨きをしっかりした後に使うのが前提となっている。

歯磨きをせずに汚れ残ったままだと効果が薄まってしまう。

 

当たり前と言えば当たり前なんだけれど、これを使えばすべて解決なんてことはあり得ない。

だから改めて認識し直して、適当にせず丁寧に歯磨きをするようになったんだ。

 

歯磨きは超重要。

使用の際の注意点

ごくまれに、グルコン酸クロルヘキシジンアレルギーを持っている方いるので、その方は使用を控えるようにしてほしい。

心配な方は病院で調べてみてみてもいいかも。

歯1本の価値は100万円

あまり意識しないことだとは思うが、歯というのはとても価値あるものなんだ。

 

人間の歯は乳歯から永久歯に生え変わると、それから生え変わることはない。

それはつまり、何かが原因で歯を失くしてしまったらもう元には戻らないということ。

 

歯の価値は1本約100万円

 

と言われている。人間の永久歯の本数は、親知らず4本を含めて生え揃うと32本。

人によっては親知らずを抜いたり、生えてこなかったりするので、28~32本のいずれかになる。

 

なので、人間は最初から2800万円から3200万円の資産を持っているのと同じことになるんだ。

 

こう考えると、例えば虫歯治療のために歯を削るということは、自分の資産がゴリゴリ減っていくのと同義だと言ってもいい。

 

歯医者が何となく苦手で行くのを渋っている方は、今まさに自分の資産が失われていっているという危機感を持つべきだろう。

自分の大切な価値ある資産を守るためにも、歯医者でしっかりメンテナンスをして

毎日の歯磨きとコンクールFを使った予防対策と徹底しよう。

まとめ:歯は健康のバロメーター

いかかだっただろうか。

今回紹介したコンクールFは、自分の大切な資産である歯を守るための必須アイテムだということがわかってもらえたかと思う。

 

歯というのは、食べるためだけではなくて、健康でいるために欠かせないモノなんだ。

 

歯が原因で発症する病気だってあるし、歯が失くなれば食べることもままならなくなってしまう。

そうならないためにもしっかりメンテナンスをして、予防に努めることが重要になる。

 

この記事をきっかけにして、歯が大切なものなんだと気付いてくれる人が増えてくれるとうれしい。

 

その他レビュー記事はこちら。

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA