仕事の悩み・考え方

【体験談】ガソリンスタンドのバイトってどう? セルフ?フル? 営業形態別に解説!

こんにちは、コマキです。

 

ガソリンスタンドのバイトやってみようかな~と思っている人に向けて、

・フルサービス
・セルフ
・セミセルフ

これら三つの営業形態でバイトをしてきた経験のある僕がこれらの解説していきたい。

また、バイトするならどの形態がいいかも伝えていく。

バイトするならセルフ一択

先に結論を言ってしまうとセルフ一択なんだ。

けれどなぜセルフがいいのか。ほかの営業形態と見比べながら解説していく。

セルフの業務内容

まずはセルフを見ていこう。セルフの基本的な業務内容としては、

・ガソリンスタンド全体をモニターで監視すること
・事務所内(フロア、トイレ、風呂場もあれば)清
・窓ふき用タオル、洗車拭き上げ用タオル洗濯
・ごみ捨て(ごみ箱のごみをごみステーションに持っていく)
・大型トラック、大型バスの接客(大型用レーンがある場合)
・油外販売(オイル・ワイパーなど)
・ポイントカードの促進声掛け

ざっとこんな感じだ。たくさんあるように感じるが、意外にそこまで大変ではない。

基本的に日中は3~5人体制で夜は2~3人体制なので、

始めたばかりのころは大変だろうが、慣れれば分担して取り組めるので正直すぐにやることは終わる。

 

セルフには給油、給油に対する清算、窓ふき、ごみ捨てが基本的にはないので他の業務に専念できるんだ。

例えば監視を誰かに任せながら掃除や洗濯をしたり、ポイントカード促進の声掛けに行ったりなどなど。

 

むしろお客様がいない時もあるし、基やることがある程度終わればめっちゃ暇になる。

そんな時は事務所内で座ってスマホをいじっていても特に問題はない。これはマジ神。

ただし、正社員の方がいるときには座ったり、ましてやスマホをいじるなんてのは当然印象が良くないのでやめたほうがいい。

アルバイトだけの場合であればかなり自由度が高まるのでそのあたりは自己判断で。

夕方以降の時間だとアルバイトだけになる場合が多いので、狙ってシフトを組んでみてもいいかもしれない。

セルフのメリット・デメリット

以上の業務内容を踏まえた上で、メリット・デメリットを一覧にしてみた。

やはり何と言ってもお客様に対して基本何もしなくていいのが最大のメリットだろう。

お客様のほうから何か尋ねてきたり、こちらからアプローチをかけなければ、

監視しているだけでよいのだ。

 

またこれは僕の住んでいる地域での話だが、セルフスタンドのほうが比較的時給がいい。

ただし、バイト先によっては販促活動を強要されたりするところもあるので注意が必要。

とはいえ販促活動を行うことで営業スキルも身に付くので、嫌がらずやってみることをオススメする。

フルサービスの業務内容

続いてフルサービスだ。

一番オススメできないし時間単価に合わないからやらないほうがいい。

 

基本的な業務内容については、

・ガソリンスタンド全体を目視で監視すること
・車誘導
・給油業務(油種・数量・金額を聞いてセッティングして給油)
・窓ふき、ごみの受け取り
・清算
・見送り
・事務所内(フロア、トイレ、風呂場もあれば)清
・窓ふき用タオル、洗車拭き上げ用タオル洗濯
・ごみ捨て(ごみ箱のごみをごみステーションに持っていく)
・大型トラック、大型バスの接客(大型用レーンがある場合)
・油外販売(オイル・ワイパーなど)
・ポイントカードの促進声掛け

こんな感じ。

 

給油、窓ふき、ごみ受け取り、見送り以外はほぼ一緒だが、

この4つがあるだけで忙しさが段違いなんだ。

・お客様が来たらすぐに伺い、油種・数量・金額を聞いて機械にセッティング。

・そして間違っていないかを声に出しながら確認し給油する。

・給油が完了したら、給油キャップを確実に閉めて清算してお見送り。

この一連の動作を確実にこなしながらほかのスタッフと連携を取りつつ、

別のお客様に次々と対応していかなければならないんだ。

 

特に夕方の仕事帰りの時間帯がピーク。

たくさんお客様が来店しているこの時はマジでしんどい。

フルサービスのメリット・デメリット

またメリット・デメリットを一覧にしたので見てほしい。

正直メリットはほとんどないといっていいだろう。

セルフと違い、こちらがすべてのことをやらなくてはならないのだ。

お客様からしたら至れり尽くせりではあるが、スタッフ側からしたらたまったものでない。

 

またフルサービスの特性上、常時外にいなければならないので、

季節や天候によって業務環境が大きく左右されるんだ。

雨風にさらされながらの勤務はほんとにツライ。

 

そして給油と清算に関わるため、

油種間違い、金額間違い、数量間違いが起きてしまう可能性がある。

金額間違いや数量間違いであればまだましだが、

油種間違いになると大変なトラブルになってしまう。

最悪エンジンを取り換えなくてはならなくなる場合がある。

 

もしもフルサービスで働いてみたいと思うのであれば、この辺りを気を付けてほしい。

セミセルフの業務内容

セミセルフというとあまり聞きなれない方も多いだろう。

これは、セルフとフルサービスのいいとこどり(お客様から見て)をしたような形態なんだ。

 

業務内容は、

・ガソリンスタンド全体を目視で監視すること
・車誘導
・給油業務(油種・数量・金額を聞いてセッティングして給油)
・清算
・見送り
・事務所内(フロア、トイレ、風呂場もあれば)清
・窓ふき用タオル、洗車拭き上げ用タオル洗濯
・ごみ捨て(ごみ箱のごみをごみステーションに持っていく)
・大型トラック、大型バスの接客(大型用レーンがある場合)
・油外販売(オイル・ワイパーなど)
・ポイントカードの促進声掛け

窓ふきとごみ捨てがなくなっただけでフルサービスとなんら変わりない業務内容である。

 

お客様側からしたらフルサービスに近いサービスを受けられて、

価格もセルフスタンド並であるから選ぶ人も多いだろう。

ただ、バイトとして働くことを考えるとフルサービスとあまり変わらないのであれば、選択肢からは外れると思う。

セミセルフのメリット・デメリット

フルサービスのものとほぼ変わらないが一応載せておく。

フルサービスと違い窓ふきとごみの受け取りがなくなったことはメリットではあるが、

それ以外は大差がない。というかほぼ同じだ。

 

正直これ以上語ることがない。オススメはできないので、おとなしくセルフでバイトしよう。

ガソリンスタンドの人間関係について

場所にもよるが、僕がいたところでは割と人間関係は良好で楽しく働けていたと思う。

結構変わった人が多くいる印象で、バックレる人も何人かみた。

逮捕歴のある人もいたし、しこたま借金を抱えている人、離婚歴のある人も多かった。

そういう人たちから聞く話はめちゃめちゃ刺激的だった。

 

普段なら絶対関わらないであろう人と出会える可能性があるので、

なかなか面白い職場かもしれない。

社割がめちゃお得

車やバイクに乗っている人限定にはなるのだが、

ガソリンが一般の価格よりかなり安く入れられる場合あるのが魅力。

 

また洗車機があるところであれば、格安で使えたり、タダで利用できるところもある。

もちろんこれらはバイト先によってまちまちなので、働いてからそれとなく聞いてみよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

これからガソリンスタンドでバイトしてみたいと思っている人の助けになればうれしい。

 

ガソリンスタンドはそこそこ時給が高いバイトの一つだし、

接客スキルや営業スキルが身に付くいい場所であると思う。

あとは自分のやる気次第!とにかく挑戦してみよう!

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA