仕事の悩み・考え方

【仕事の悩み】職場で絶対に関わらないほうがいい人の特徴5選

People-who-should-not-be-involved-in-the-workplace
この記事からわかること
  • 関わってはいけない人は一定数いる
  • 触らぬ神に祟りなし
  • 社会は理不尽

こんにちは、コマキ(@007nkymsn)です。

これまでの社会人経験の中で、そこそこの数のヤバい人を見てきたと思う。

そこで今回は、絶対関わりたくないという人の特徴を、

僕の経験したエピソードを交えながら書いていきたい。

世の中にヤバい人というのは一定数存在する。

これから解説していく特徴に当てはまるような人がいたら、

できる限り近づかないでおこう。

それではどうぞ!

関わらないほうがいい人の特徴

ごめんなさいが言えない

ごめんなさい言えない

そんな人いるの!?と思うだろうが、数は少ないけど本当にいるんだ。

今までどうやって社会人としてやってきたのか甚だ疑問である。

このタイプはとてもプライドが高く、自分の考えがすべて正しいと思っている節がある。

ミスをしても俺は悪くないと主張してくるからとても厄介だ。

まるで会話にならない。

こういう人は悪目立ちすることが多いから、

自分から近づいたり、同じ部署にならない限りは心配することはないだろう。

部下にだけえらく厳しい上司

厳しい上司

上司ガチャは課金できないし自分じゃ変えられねぇ!

同じ年代の同僚や別部署の人たちとは感じよく話しているのに、

なぜか相手が部下になると態度が急変する。

ほんの些細なことでも気に入らなければチクチクチクチク嫌味を言うし、

自分の言う通り動かなければ気が済まないようで、いちいち文句をつけてくる。

おそらくこのタイプの人は権力を振りかざしたい、

俺は偉いんだと思っている自己顕示欲の高い人だ。

けれど中途半端で自信がないから自分より立場が弱く、

何も言わないだろうと思う人だけを標的にしたり、

嫌われたくないから上にはヘコヘコして周りからに評価をとても気にしている。

こういったクソ上司に関する記事も書いているから、合わせてみてほしい。

incompetent-boss-feature
【ヤバい】無能な上司の特徴7選!【できれば逃げろ】こんにちは、コマキです。皆さんの職場にやたら無能な上司はいないだろうか。無能な上司に辟易としていないだろうか。そこで今回は、無能な上司の特徴7選を解説していきたい。無能上司の生態を知ることで、いつでも逃げれる準備をして、自分の身を自分で守れるようにしておこう。...

もしこんな人が自分の上司になったら、臆せず理論立てて立ち向かうべき。

初めのうちは難しいかもしれないが、

仕事で結果を残しつつ理論武装をして自分の意見を言おう。

「そんなの無理だよ!」

という方は上司の上司に相談して助けてもらうのが即効性があってそこそこ効く。

それでも変わらない場合は是非とも転職を推奨する。

オススメの転職エージェントを記載しておくので、

自分の市場価値を見ながら、いつでも転職できる準備を進めてみてほしい。

株式会社ネオキャリア
ネオキャリアTOPページ

 20代に特化した転職エージェント

  • 幅広い求人でブラック企業を除外、優良企業のみの紹介
  • 豊富な経験を持つ全員が第二新卒のキャリアアドバイザー
  • 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も!



↑↑まずはコチラから登録して相談してみよう!

陰口を叩く

陰口野郎

職場でなくてもどこにでもいるだろうが、危険度が高いので要注意しなければならない。

職場で悪口アイキャッチ画像
【仕事の悩み】職場で悪口ばかり言う人の3つの特徴と対処法こんにちは、コマキです。アナタの職場に、息を吐くように悪口を言っている人はいないだろうか。基本的に悪口を聞かされるというのは不快なもの。 けれど、そういう相手の対応の仕方がわからない人もいると思う。そこで今回は、悪口ばかり言う人の特徴3選と対処法について解説していく。...

なぜ危険かというと、関係ない自分がまきこまれてしまう可能性があるからだ。

〇〇って感じ悪いよなー
そうなんですかねー

こんな感じで曖昧な返答をすると、

「なんかあいつも〇〇のこと悪く言ってたぞ」

のように勝手に解釈されて、

いかにも自分も陰口を叩いたかのように噂が広まってしまう場合がある。

こうなることを避けるためにはしっかりを否定するか、

陰口の対象になっている人をフォローする言い方をするといいだろう。

陰口を言いたい人というのはそれを共有できる仲間が欲しいだけで、

群れることが出来なければただのおしゃべりくそ野郎だから放っておくといい。

ただこの手の人は一見話しやすくてフレンドリー風が多いので、見極めが大切。

働かないおじさん

働かないおじさん

このタイプは、とにかく自分の過去の武勇伝を話すことが大好きな人が多い。

「ワシが若いころは~(^^)」

が口癖の超厄介なプライド高々おじさんである。

本人の話を聞く限り働かないおじさんは、優秀で会社の功労者であると自負しているようなのだ。

そして昔はバリバリ仕事やってたんだぞ!と、やたらアピールしてくる。

その割に仕事をやっているふりをしながらダラダラとしているようにしか見えないし、

実際成果も伴っていない。

そこで働かないおじさんと同年代の方々に話を聞くと、

「ああ、アイツは口だけは達者だけど昔からあんな感じだぞ」

と言われている。口だけってはっきりわかんだね。

もしも働かないおじさんに絡まれたとしても、

「そうなんですねー」
「すごいですねー」

この二言だけでやり過ごすのがいいだろう。

無理して深堀したり、失礼かなと思って会話を長引かせてしまうと、

延々と時間を搾取されてしまう可能性があるので気を付けよう。

常に愚痴を言う

愚痴野郎

社会人生活の中で個人的に最も重要なのが、ストレスをためないことであると思う。

そんな中で、息を吐くように愚痴をこぼし続ける奴は敵であり、極力避けたい存在である。

とは言え愚痴を絶対にこぼさないというのは難しい。

職場や社会への不平不満を言えて共感してくれる同僚がいたら、

うれしくて一緒になって愚痴をついついこぼしてしまう。

ただ冷静に考えてみてほしい。愚痴を言って状況が変わるのだろうか。

自分の中にある膿を一方的にぶつけて、誰かになすり付けているだけではないか。

愚痴とはだれも幸せにならないシロモノだ。それをわかった上で、上手に愚痴と付き合うべき。

そもそもの話、まずはストレスをためないようにするために、どうすればいいのかを考えよう。

仕事でもスポーツでもゲームでもなんでもいいから、

熱中できることを見つけることが大事。

まとめ

関わったらヤバいまとめ

社会にはこのような理不尽で、わけのわからない人たちがいること覚えておいてほしい。

もちろん全員がこんな人たちではないし、いい人や尊敬できる人もたくさんいる。

そんな中でしっかり見極めて付き合っていかなくてはならない。

自分に降りかかったことは基本的に他人任せにしてはダメ。

避けられるところは避けて、

避けきれない時は一度立ち止まって冷静に考えて対処しよう。

株式会社ネオキャリア
ネオキャリアTOPページ

 20代に特化した転職エージェント

  • 幅広い求人でブラック企業を除外、優良企業のみの紹介
  • 豊富な経験を持つ全員が第二新卒のキャリアアドバイザー
  • 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も!



↑↑まずはコチラから登録して相談してみよう!

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA