仕事の悩み・考え方

【やれば】気づく力の重要性と気づく力の鍛え方【変わる】

この記事で伝えたいこと
  • 気づけば変わる
  • 気づくための鍛え方
  • 気づきで成長する

 

こんにちは、コマキです(@007nkymsn)。

 

皆さんはこんなことを感じたことはないだろうか。

 

あの人よく気付くなあ。なんでわかったんだろう。

 

よく気付く人というのは気付くことを意識的に行っている。

もちろん気付く力がないと感じている人でも、普段気にしていないだけで無意識的に気付くことをしているんだ。

  • 仕事をしている時
  • 家族と過ごしている時
  • 友達と遊んでいる時
  • 恋人とデートしている時

いろんなシチュエーションがある中で、どんな時でも気付く力が必要になってくる。

 

そこで今回は、気づくことの重要性と気づく力の鍛え方について解説していく。

今全然気づき力がない人も嘆くことはない。これから意識して変えていけばいいだけだ。

 

それではどうぞ!

 

気付く力の重要性

仕事をしているときミスをしづらくなる

単純に気付くことでミスを未然に防ぐことができたり、よりよく改善できる可能性があるんだ。

ミスが少なくなれば自然と仕事の効率が上がって、評価も上がるようになる。

今までやらせてもらえなかった仕事が振られるようになったり、

それを繰り返していけば出世への道も開かれるかもしれない。

 

もちろん簡単なことではないが、

ミスをしない人は信頼されるし周りからの評価も上がるので、

気付く力は重要なカギになる。

 

とは言えミスをしづらくなるけれど、失敗は必ずする。

失敗から学ぶこともたくさんあるので、良ければコチラの記事も合わせてみてほしい。

3-failed-episodes
【体験談】プロパンガス営業時代の失敗エピソード3選こんにちは、コマキです。仕事をする上で、どんな人でも失敗はしてしまう。絶対に失敗したくないって人がいると思うけれど、失敗から学ぶというように、失敗は自分が成長するために不可欠なものなんだ。そこで今回は、その営業時代の失敗エピソードを3つに厳選して書いていく。...

物事の本質がわかる

気付ける人の多くが物事の本質を捉えるのがうまいんだ。

 

誰かが言ったことをうのみにせず、一度自分の中に落とし込んで本質だけをフィルターにかけて抽出する。

この作業を瞬時に行い、適切な回答を導きだす。

 

なのでこういう人は、

 

「これはこういうことだよな」

 

と質問し返してくる。

 

気付けない人はそのまま

 

「ふーん」

 

で終わってしまう。

 

これを繰り返していると、

気付いている人とそうでない人の間に明確な差が生まれていまい、

埋めることができなくなってしまうのだ。

人間関係に影響を及ぼす

そんなことないだろと思うかもしれないが、実は結構重要だったりする。

特に男の場合は女性に対しての気付く力はめちゃめちゃ必要なんだ。

 

女性はちょっとした変化を気付いてもらえると嬉しいもの。

わかりやすい例でいうと髪の毛を切ったこと、服装、アクセサリー、これらの変化が挙げられる。

 

気付かないとこで機嫌が悪くなって雰囲気が壊れてしまったり、

それが続いて破局してしまっては目も当てられない。

 

人間関係を良くしたいと思うのであれば、

相手の喜ぶポイントをつかんで気付いてあげられるかにかかっている。

もちろんそれがすべてではないが、気付く力が必須であることに変わりない。

気付く力の鍛え方

小さい気付きを増やして気付く成功体験を積み上げる

自信をつけるためには成功体験を積み上げていくと言うが、

気付きも同じでほんの小さな気付きでもいいから意識して気付くことが大切。

 

「あっ、気付けた」

を積み上げていくことで次も意識するようになるのでさらに気付きやすくなる。

 

何でもいい。例えば鏡に映る自分の寝癖が昨日よりひどいな、

とかそんな一見するとどうでもいいようなことでいい。

自分のことが気付くようになったら今度は別の人に目を向けてみるといいだろう。

 

「あの人はこんな癖があるんだ」

「あの人はこんな歩き方なのか」

 

本当にこういった些細なことからでいいんだ。それが徐々にいろんな方面への気付きに変わってくる。

そうなればアナタもだんだんとよく気付く人だと思われるようになるだろう。

分野の知識をつける

わからないことに気づくというのは土台無理な話なので、まず知ることが大事。

仕事や勉強でこれを知っていれば気付いて間違えなかったのに、

と思ったことが誰しもあるだろう。

 

自分に必要な分野の知識を持っていれば、

これは確かこういうことだったからこう対処すれば大丈夫だな、と適切に対応できる。

 

取り返しの付かないミスをしてしまう前に、しっかり知識をつけて気付けない可能性をつぶしてしまおう。

何事も疑ってかかってみる

これは騙されないようにするための手段でもあるが、疑うことは気付き力を高める重要な力になる。

例えばアナタが30万円の高額情報商材を勧められているとする。

 

「この商材を買ってその通りやるだけで1週間で30万以上余裕で稼げますよ^^」

 

と言われたときに、これは明らかにおかしい。詐欺だ!

と気付くことができれば自分の大切なお金を守ることができる。

 

しかし、勧めてきた人の言うことを疑いもせずうのみにしてしまえば、

アナタのお金はどぶに捨てたのと同じになり、いいカモでしかなくなる。

 

これは極端な例ではあるが、疑うことができず本質に気づくことができない人は、

いつまで経っても言いなりの人生から抜け出すことができなくなる。

 

そんな人生にならないためにも、

まずは相手の言っていることや物事に対して、

本当にそうなのかと一度立ち止まって考えてみること。

 

調べられるのなら調べて納得して答えを出そう。これを繰り返すことで気付く力が高まっていく。

まとめ

普段生活している中で、気付くことというのはなかなか意識することもないし、難しく考えがちなんだ。

でも実はそんなことはなくて、ちょっとしたことの積み重ねによるものだとこの記事からわかってもらえたかと思う。

 

明日からとは言わず今からでもできることなので、気付く力がないなと思う人はぜひやってみてほしい。

気付く力を高めて視野を広げ、よりよい人生にしよう!

 

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA