仕事の悩み・考え方

【まとめ】職場の人間関係を攻略する方法

strategy-for-human-relations
  • 職場の人間関係って難しい…
  • どうすればいい関係を築けるんだろう
  • 自分を変えたい!

社会に出る以上必ずついて回る人間関係。

その人間関係で悩み、仕事に支障をきたしたり、体を壊してしまう人もいる。

コマキ

人間関係で悩まなくなる方法を知りたい!!

そこでこの記事では職場の人間関係を攻略して、より良い社会人ライフを送れるようになる考え方や具体的な方法をまとめて解説していく。

この記事を読めば、「職場の人間関係を攻略していくために知っておきたいことがわかるようになっているぞ。

それではどうぞ!

会社規模による職場の人間関係の違い

会社によって人間関係が違うのは当然だが、会社規模によっても特有の違いがあるんだ。

会社規模はざっくり2つに分けられる。

  • 大企業
  • 中小企業(零細企業含む)

これらの詳しい定義については、零細企業とは|大企業・中小企業との違いって何?コチラの記事が参考になるので、合わせて見てほしい。

次から、『大企業』と『中小企業』の人間関係をそれぞれ見ていきたい。

大企業

大企業の人間関係は、部署内以外だとドライで浅く不透明。

大企業クラスになると人数が大変多い。

同じ部署内ならまだしも、他部署となると顔と名前が一致しないなんてのはザラにある。

役職が付いてから他部署との関りを持ったり、社内行事等で初めて出会うパターンも珍しくない。

また、ジョブローテーションなどで部署が変わるか、結果を出して昇格しないと同じ部署にい続けることになるので、

よほど積極的でか優秀でない限り人間関係は狭くなる。

中小企業とは違い、与えられる役割が明確に決まっていて、仕事をする環境が整っている場合が多いので、仕事自体はやりやすい。

コミュ力が低い人にとって見れば、淡々と仕事をこなしていればいいので比較的楽。コミュ力に自信がなくても割とやっていける。

コマキ

コミュ障でも大企業なら何とかなるかも

さらに深く知りたい方は、以下の記事でより詳細な大企業の人間関係を実例付きでに紹介しているので、あわせてどうぞ。

≫【仕事の悩み】大企業工場勤務の人間関係ってどう?良い?悪い?現役工場作業員が教えます!

中小企業

中小企業の人間関係は、距離が近くて深さを求められるんだ。

物理的な人数が少ないため社内で顔が広まりやすく、1人の情報が回るスピードが速い。

平社員でも社長や経営陣と顔を合わす機会が多いため、大企業に比べて中小企業の方がより人間関係を求められる可能性がある。

仕事においても1人当たりの作業量が多く、こなさないといけないタスクを常に抱えていて心が休まる暇がない。

とは言え部署間を超えた連携も多いため、人間関係さえきちんと保っていればそれほど問題はない。

ただ裏を返せばそれなりのコミュ力を要求されるので、肝に銘じておこう。

さらに詳細に知りたい方はコチラの記事にて中小企業の人間関係を、実例をもとに紹介しているのであわせてどうぞ。

≫ 中小企業の人間関係ってどう?実例をもとに徹底解説!(作成中)

より良い人間関係を構築するためにやること

現在のアナタはより良い人間関係を築けているだろうか。

人間関係とは複雑なもので、こちらが一方的に関係を良くしようと思ってもなかなかうまくいかない。

それでも周りを見渡すと、上手に立ち回っている人は必ずいる

ここからは、そういった上手に関係構築をするための具体的な方法について解説する。

コミュニケーション力を見直す

コミュニケーション力が高いか低いかで、人間関係に大きく影響するといっても過言ではない。

正直言って、高ければ高いほど優位に立ち回れる確率が上がる。

コマキ

僕コミュ力低いんだけど…

ザラシ君

低くてもやりようはあるやで!

コミュ力が低い場合でも、以下3つのポイントを押さえて行動すればカバーできるんだ。

  • 仕事に真摯になる
  • 仕事で実績を作る
  • 目標にする人を作って真似てみる

職場でコミュ力が低くても、仕事に対する姿勢や実績がある人は評価されるし、周りから頼られる。

まずは仕事への向き合い方を見つめ直し、頼られる人を目指そう。

3つのポイントについては、以下の記事で詳しく解説しているぞ。

≫【仕事マインド】コミュ力が低いと感じたらやるべきこと3選~精神的な逃げ道を作ろう~

嫌われる人と好かれる人の特徴を分析する

職場での人間関係を円滑に進めたいなら、できれば好かれる人になったほうがイイ。

そのためには職場で嫌われる人、好かれている人の特徴を分析する必要がある。

コマキ

えー、そんなことしなくちゃいけないの?

面倒くさいかもしれないがやっておくことで、

  • 嫌われない行動がわかる
  • 周りから信頼される
  • 物事が円滑に進む

これらの利点があるんだ。

嫌われても全然問題ないという強靭な精神の持ち主以外は、ぜひとも参考にしてほしい。

それぞれの特徴はコチラの記事からどうぞ。

気付く力を鍛える

気付く力は人間関係を円滑に進めるための必須スキル。

誰かと話している時に、

「これってこういうことかな?」

と気付いて疑問に思って質問するのと、

「あっそ、ふーん」

と全く気が付かないのでは、大きな差が生まれる。

話の端々から見えるヒントに気づき、拾い上げていくことでスムーズなコミュニケーションを取れるようになるんだ。

気づけるようになるための方法と鍛え方について、以下の記事でより詳細に書いているのであわせてチェック!

≫【やれば】気づく力の重要性と気づく力の鍛え方【変わる】

自分が上司や先輩になったとき

自分が指導する立場になった時、部下と良い関係作ることは必須になる。

部下に嫌われたり、慕われないような上司になるとマネジメントがしづらくなってしまう。

とは言え変に優しくしたり、甘やかしたりすると上司と部下の関係性が崩れてしまいかねない。

そんな状態にならないために、次の項目からは上司として知っておきたいことを解説してく。

いい上司と悪い上司を知ろう

上司になる以上は、できることならいい上司でいたいもの。

部下に尊敬されるような上司であるためには、何が良くて、何が悪いのかを知っておかなくてはならない。

部下からどんなふうに思ってもらいたいのか。自分はこうありたいという願望は人それぞれあるだろう。

ただ、部下というの表に出さないだけで心では素直に上司を評価しているもの。

彼らの上司に求めることは千差万別だけれど、ざっくりこんなところ。

  • 仕事ができる
  • 気配りができる
  • 自分を評価してくれる
  • 自分を成長させてくれる
  • プライベートまで干渉しない

こんな部下たちに対してどのように向き合えばいいのか、良い上司であるにはどうすればいいいのか。

そこで1つの指標として参考になるように、以下の記事で詳細に解説しているぞ。

≫【仕事の悩み】アナタはいい上司?悪い上司?それぞれの特徴からわかる理想の上司像

アンガーマネジメントで怒りをコントロールしよう

アンガーマネジメントとは、怒りの感情を上手に向き合うための心理トレーニングのこと

ただし、怒ってはいけないのではなく、怒りで後悔しないようにするために行う。

例えば、

  • あの時怒っておけばよかった
  • あの時怒らなければよかった

こんな感じで、後悔しないように適切な怒り方ができることを目指すものなんだ。

価値観の多様化が進む中、職場での接し方も急速に変化してきている。

そのため部下や後輩との人間関係を良好に保ち、上手にマネジメントするためにも、アンガーマネジメントは大切な要素となりえるんだ。

怒りと上手に向き合い、より良いコミュニケーションを図ろう。

参考にした書籍はコチラ、戸田久美氏著の『アンガーマネジメント』


参考書籍を基に、以下の記事を書いているのであわせてどうぞ。

≫【上司のための教科書】アンガーマネジメントで怒りを上手にコントロールしよう!(作成中)

心理的安全性の高い空間作りを目指そう

心理的安全性とは、メンバー1人1人が安心して、自分らしく、そのチームで働けること

  • 自己実現
  • 自己開示
  • 自己表現

これらは、自分らしく働くための重要な要素。

上司として、部下たちが働きやすく、なんでも言い合える環境を作り出すことが求められるんだ。

心理的安全性をしっかり理解して、自分の職場に浸透させていこう。

参考にした書籍はコチラ。石井遼介氏著の『心理的安全性のつくりかた』

参考書籍を基に、以下の記事を書いているのであわせてどうぞ。

≫【上司必見!】心理的安全性で人間関係を改善しよう!(作成中)

関わってはいけない人の見抜き方と対処法

社会には理不尽で、わけのわからない人たちが当たり前のようにいる。

もちろん全員がそんな人たちではないし、いい人や尊敬できる人もたくさんいるが、より良い人間関係を築くためには、関わってはいけない人を見抜くことが必要。

このような人を避けることで、余計なストレスをためなくて済む。

とは言え同じ職場内にいる以上、時に会話することもあるはずだ。

コマキ

関わっちゃいけない人の特徴ってあるの?

ザラシ君

あるで!言動や態度ですぐにわかるし、事前に頭に入れとくんや!

そこでここからは、関わってはいけない人の3つの特徴と、もしもの時の処世術を合わせてお伝えするぞ。

無能な上司編

びっくりするくらい無能な上司は存在する。

年功序列で実力が伴わないまま昇格してしまった人にありがち。

もしもこんな人が上司になった場合、うまく対処するためにどんな特徴を持っているのかを知っておいた方がいい。

その特徴については、以下の記事で詳しく解説しているのであわせて見てほしい。

≫【ヤバい】無能な上司の特徴7選!【できれば逃げろ】

支配欲が強い人編

支配欲が強い人は、言うことを聞かせたい、自分の言うことが絶対正しいと本気で思っているため、

基本的に自分の意見を何がなんでも通そうとする。

また、昔からやってきたことに絶対的な自身を持っており、新しいやり方を受け入れようとしない。

俺の言うことを聞いていればいいんだ

とむちゃくちゃなことを言って、全く話を聞いてくれないんだ。

とは言え同じ職場にいたら非常に対処が面倒ではあるが、この手のタイプは単純で自信がない人が多かったりする。

そういった特徴を知り、適切に突いていこう。

以下の記事でより詳細に特徴や対処法を解説しているので、気になる方は要チェック!

≫【人間関係】職場で支配欲が強い人の3つの特徴と2つの対処法

悪口を言う人編

基本的に悪口を聞くのは不快なもの。自分のことじゃなくても聞いているだけで嫌な気分になる。

なのに息を吐くように悪口を言いまくるような人は、そんなことお構いなしにベラベラ話してくるんだ。

  • あの人頭悪いよなー
  • アイツはダメだわ
  • アイツつかえねー、オマエもそう思うだろ

仮にこんな風に話を振られて肯定してしまうとアウト悪口仲間に認定されてしまう。

こうなることを避けるためにはしっかりを否定するか、悪口の対象になっている人をフォローする言い方をするといい。

悪口を言いたい人というのは、それを共有できる仲間が欲しいだけのかまってちゃんであることが多い。

聞き流して放っておくのがベストだけれど、 この手の人は一見話しやすくてフレンドリー風が多いので、深入りしないよう気を付けなければならない。

悪口を言う人の生態と対処法をより詳しく知りたい方は、以下の記事で確認してほしい。

≫【仕事の悩み】職場で悪口ばかり言う人の3つの特徴と対処法

考え方と環境改善で人生が変わる

さてここからは、根本的に人間関係を変える方法を紹介する。

テクニックではなく、

  • 考え方を変える
  • 具体的に行動を起こす

以上のことが要求される。

これまで書いてきたことは、今の職場に留まる前提の話。

  • 固定観念とらわれず、新たな考え方で見方を変えたい
  • 新たな環境でイチからやり直したい

こういった想いが強いのであれば是非とも参考にして頂きたい。

他人の目が気になる人へのメンタル改善

自分に自信がなかったり、周りから良く思われたいという想いが強い人ほど、他人の目が気になってしまう。

しかし、他人の目を気にするということは自分の個性や本質を失うことに等しい。

  • 好きなこと
  • 嫌いなこと
  • やりたいこと
  • やりたくないこと

これらを他人任せにしているようなものだからだ。

何かを始める前から、「これをやったらどう思われるだろう、変じゃないかな

このように考えてしまうと、躊躇したり、やっぱり無難にいこう、みたいな思考になってしまう。

この思考はすごくもったいないことで、自ら選択肢を狭くしているようなもの。

そうはいってもやっぱり…と思うだろう。

けれど周りからの評価というのは、あくまで外からの声であって自分の声ではない。

どう評価されようと自分のことは自分にしかわからない。

他人の目が気にならなくなるようなメンタル改善が必要。

人生は他人の評価だけでは決まらない。自分らしく生きることを追求しよう。

そこで、一度きりしかない人生を楽しく過ごすために、以下の記事を見れば網羅的にわかるようになっているぞ。

≫【マインド】他人の目を気にせず人生を楽しく過ごすメンタルの作り方

新たな環境に移る(転職またはフリーランスになる)

上記で書いてきたことを実践してもなお人間関係が改善されない場合は、環境を丸ごと変えるしかない。

パターンとしては2つ。

転職して新たな環境に移ること

今の職場の人間関係に改善の余地がなく、会社に行くことがストレスに感じる場合。

フリーランスになること

そもそも会社組織としての働き方が合わないと感じる場合。ただしフリーランスでやっていけるスキルがあることが望ましい。

まずは、自分がどちらのタイプか考えてみよう。

個人で生き抜く力があって、それを自覚しているのであればどちらも選択肢に入るが、ほとんどの人は転職一択になる。

より良い人間関係は、より良い環境によって作られる。つまり今よりもいい環境に飛び移ることは必要不可欠なんだ。

ただ多くの人は自分の市場価値をわかっていないし、転職することに抵抗感を持っている。これらを解決するにはどうすればいいか。

それは転職エージェントを利用すること。

コマキ

転職エージェント?そんなにいいの?

ザラシ君

せや!転職するなら転職エージェントを利用するのが効率的なんやで!

とにかく相談だけでも受けてみ!

職場の人間関係というのは、なかなか改善されないもの。他人を変えることは難しいし、自分が変わることにも限度がある。

そのため、職場の人間関係が自分の許容できる範囲を超えているのであれば、新たな環境に飛び移ることをオススメする。

もちろん飛び移った先がイイとは限らないが、行動しないと変わらない。

まずは第一歩を踏み出そう。オススメの転職エージェントを載せておくので要チェック!

株式会社ネオキャリア
ネオキャリアTOPページ

 20代に特化した転職エージェント

  • 幅広い求人でブラック企業を除外、優良企業のみの紹介
  • 豊富な経験を持つ全員が第二新卒のキャリアアドバイザー
  • 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も!




↑↑まずはコチラから登録して相談してみよう!

実例公開(営業職から工場作業員へ)

これは実際に僕自身の体験談をなるので、一例として見てほしい。

転職する前はすごく不安で怖かったけれど、とにかく前に進みたければやるしかない。

「平成30年若年者雇用実態調査の概況」によると、仕事を辞める原因で「人間関係がよくなかった」が26.9%を占めているんだ。

平成30年若年者雇用実態調査の概況|厚生労働省

 厚生労働省公式HP参照

僕の場合も例にもれず、人間関係が原因で転職した。

だからというわけではないが、転職することに対して後ろめたさを感じなくていい。

自分のより良い未来を目指して行動していくことが大切。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事を見てみてほしい。

【体験談】大卒営業職から工場(作業員)へ転職して見えてきたメリット・デメリット【悪くはない】

働きやすさは人間関係で決まる

人間関係というのは、どのようなコミュニティに属していても必ずついてまわる。

もちろん避けて通れるわけではないし、どこかでぶつかったり、立ち向かわなければならない時だってある。

そこで今回は、人間関係を攻略するために知っておきたいことをピックアップしてきた。

  • 会社規模による職場の人間関係の違い
  • より良い人間関係を構築するためにやること
  • 自分が上司や先輩の立場になったとき
  • 関わってはいけない人の見抜き方と対処法
  • 考え方と環境改善で人生が変わる

以上のことを全て網羅するのは難しいかもしれないが、まずは自分のできることから始めてみよう。

あなたの人生はあなた自身が主人公であり、たった一度きりしかない。

  • あの時こうしておけばよかった
  • こう言っていれば変わったのに

と考え、後悔してしまうことが必ずある。

けれどそれは過去のこと。今は過去に起きた体験を知識として知ったことで一歩前進しているんだ。

全国の人間関係で悩んでいる方々がこの記事を見て、少しでもいい方向へ前進してくれることを願っている。

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA