節約・役立つサービス

【元プロパンガス営業マンと学ぶ】プロパンガスの料金を安くする3つの方法【戸建て・賃貸向け】

three-things-to-reduce-the-price-of-propane-gas-method
この記事を読んで欲しい人
  • プロパンガスの毎月の料金が高い
  • 少しでも安くしたい
  • 簡単に安くできる方法を知りたい

こんにちは、コマキ(@007nkymsn)です。

前回のプロパンガスの料金を安くする方法の記事に引き続いて、

日常生活で今すぐ実践できる方法について書いていく。

今回は戸建て・賃貸関係なくどの家庭でもできることなので、知っておいて損はない。

これから書いていく3つ+αの方法は、使い勝手や生活の満足度を下げてまでやることではないのでご安心を。

例:お湯を使わないで水で洗い物をする等など。

それではどうぞ!

プロパンガスの料金を安くする方法

給湯器の設定温度を使用方法に合わせて変える

シャワー女子

意外と設定した温度から変更しないまま使っているご家庭があるのではないだろうか。

そのまま使い続けることはもったいないことで、使い分けることでガス代が安くなるんだ。

例えば50度に設定しているとする。

高い温度のお湯を沸かすためには、より多くのガスが必要になるため、

給湯器の設定温度が高ければ高いほどガス代が高くなる。

50度にしているけれどそんなに熱くしてないよという方は、

給湯器で50℃のお湯を沸かしたあと、蛇口で水と混ぜて好みの温度にしているだけ。

蛇口で水温をコントロールするのではなく、設定温度を変えて対応しよう。

お湯の使用方法に合わせて設定温度を変えることで、ガスの使用量が減ってガス代を抑えることができるんだ。

また、季節によって配管内の水温というのは変化している。

その水温と給湯器の設定温度をできる限り近づけてやることで、ガスの消費量が少なくなる。

寒くなればなるほど水温が下がっていくので、

設定温度が高いとその分ガスをより多く使ってしまうことになる。

だから冬場のガス代は高くなりがちなんだ。

じゃあどのくらいがいいの?と言いう方へ向けて、僕の家庭を例に挙げてパターン別の温度表を記載する。

 春~夏秋~冬
浴槽39~40度41度
シャワー39~40度41度
キッチン・洗面台38度38度

こんな感じ。はっきり言ってこの辺りは好みがわかれるので、自分の適正温度を見つけよう。

いちいち変えるのは面倒かもしれないが、簡単にできるので是非やってみて頂きたい。

浴槽にためるお湯の量を減らす

風呂にお湯ためる

これを変えるだけでガス代の節約にもなるし、水道代の節約にもなるんだ。

大体のメーカーは給湯器の初期設定が200Lになっている。一般的な浴槽1坪のサイズで言えば、

坪別リッター早見表

・1216(0.75坪):約220L~250L
・1616(1.0坪)  :約260L~290L
・1620(1.25坪):約320L~340L
・1624(1.5坪)  :約350L~440L

赤字部分になるわけだが、これに当てはめると、大体浴槽に対して7~8割の水量ということだ。

どれくらいかというと、成人男性が入るとあふれてしまいかねないレベルの水量である。

これでは非常にもったいないし、もし子ども一緒に入ろうものならざばーんとあふれ出る光景が容易に想像でできてしまう。

こうならないためにも、浴室内の給湯器リモコンの風呂湯量設定を変更しよう。

僕の例だが、アパートの0.75坪浴槽に対して120Lの設定にしている。

およそ半分くらいの水量だけれど、快適に入れているので全く問題ない。

自分にとっての適量を見極めてなるべく減らしてみよう。

追い炊き機能を駆使する

風呂の温度

給湯器には様々の種類があるんだけれど、ざっくりと複合機と単機能の2種類がある。

複合機
キッチンやシャワーなどの給湯と、自動湯はりやおいだき機能を備えた給湯器。

熱源(床暖房)やミストサウナ、浴室暖房乾燥機に対応しているものもある。
単機能
キッチンやシャワーなどの給湯ができる給湯専用の給湯器。

複合機を使用している家庭や、追い炊きに似たの機能がついた給湯器を使用しているのであれば、

積極的に活用しよう。

先ほども説明したが、水温と設定温度の関係でガス消費量が変わってくる。

浴槽内に入った水の温度は冷えたとしてもそこまで下がるわけではないので、

入れ替えるよりも追い炊きをしたほうがいい。

単純に水道代の節約にもなるのでガンガン使おう。

ただし、何度も同じ水を使うのはやはり不衛生なので、

できれば新しく入れたお湯を次の日に追い炊きしたら捨てるようにしよう。

番外編:ガスファンヒーターに注意

ストーブ

使用している方限定にはなるんだけれど、ガスファンヒーターは本当に気を付けたほうがいい。

あっという間にガスを使ってしまって、ガス代が高額になってしまう場合があるんだ。

こいつはマジで金食い虫だと思ったほうがいい。

とは言えこれは暖房器具としては結構優秀で、

  • 立ち上がりがめちゃめちゃ早い
  • すぐに暖かくなる
  • 燃料切れの心配をしなくていい

他の暖房機ににはないメリットがある。

石油ファンヒーターや電気ファンヒーターと違い、燃料を入れなくてよくて灯油臭くないし、

温まり方が段違いに早い。

ガス代が高くなることを理解していて、金銭的にも大丈夫だという方なら使用する価値アリ。

どうしても使いたいけれどもっと安く使いたい方は、ある程度部屋が温まったらエアコンに切り替えることをオススメする。

これによりエアコンの立ち上がりの弱さをカバーできるし、ガス代の節約に繋がるんだ。

まとめ

うれしい

今回はすぐに実践できることをピックアップして紹介してきた。

ガス代は毎月かかってくる高額になりやすい固定費なので、是非とも紹介した方法を実践して頂ければうれしい。

ただし、生活の満足度が下がるようであれば無理して実践する必要はないので、バランスを考えてできることから始めよう。

その他ガスに関する記事はこちらからどうぞ。

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA